×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『NEW GAME!』はたらくって青春だ。ゲーム会社でかわいく働く個性的なおんなのこたちの日常を描いたコメディアニメ!~紹介アフィリエイト~嶋津球太

『イーグルジャンプ』メンバー紹介


涼風 青葉(すずかぜ あおば)- 高田憂希

■イーグルジャンプ新入社員
小学生の頃に「フェアリーズストーリー」というゲームを好きになり、そのキャラクターデザインを担当していたコウに憧れたことがきっかけで、高校卒業後にそのゲームの制作会社である「イーグルジャンプ」に就職した。
在学中は美術大学に進学してから就職することも選択肢に入れていたため、美術の経験を積んでいる。
コウと同じチームに部下として配属されることとなり、コウとは師弟のような間柄となっていく。

コミュニケーション能力が高く周囲に対する気配りができ、同僚や上司が抱えている心の垣根を超えていくことができる。
性格は素直で、仕事に対するモチベーションも強く、同僚からは大きな夢を持って仕事に取り組む姿勢を評価され、将来を期待されているが、言動には少し天然なところがあり、危なっかしく見える一面もある。
時折、意外にサディスティックな一面を垣間見せることがあり、それがゲーム制作のアイデアにも生かされている。

紺色のレディーススーツの襟元にリボンタイを合わせて学生服のように着こなしている。
背が低く、童顔とツインテールの髪型もあいまって、社会人はおろか高校生にすら見えない。
運動神経ゼロを自認しており、登場人物の中でも特に飛び抜けて劣っている。



滝本 ひふみ(たきもと ひふみ)- 山口愛

■青葉の2年以上先輩の同僚
劇中1年目では青葉の真後ろ(ブース内での対角位置)に席がある。
立場は青葉・はじめ・ゆんよりも先輩で、実力もあるが、人と対面で話すことが苦手。
いつも硬い表情でぼそぼそとしか喋ることができず、社内での会話は主にインスタントメッセンジャー(メッセ)を介して行う。
メッセでは打って変わってフランクな口調となり、顔文字も多用する。
年齢は不明だが、青葉が高校生の頃に発売された『フェアリーズストーリー2』の開発時期に入社しており、当時のコウの挫折を実際に見ているひとり。

家で宗次郎という名前のハリネズミを飼っており、小動物的なところが似ている青葉には親近感を覚えている。
青葉と打ち解けたことで、次第に柔らかい表情を作れるようになり、また人付き合いの苦手を克服したいと思うようになる。

異性と交際した経験がなく、男性と一緒にいるのは落ち着かないという先入観を持っている。
コスプレが趣味だが、その姿を職場の知り合いに披露することには抵抗を感じている。



飯島 ゆん(いいじま ゆん)- 竹尾歩美

■青葉の1年先輩の同僚
青葉から見て左隣の席におり、はじめと同期。
しっかり者で、関西弁で話す。
勤務中はフリルやレースがついた服を好んで着用しているが、かつて地方から上京するまでは地味でおしゃれとは無縁だった過去があり、その反動で気合いが過剰な方向に服飾のセンスがずれている。
幼い双子の弟と妹がおり、面倒見のいいお姉ちゃん。

モンスターのモデリングが専門で、自分のデスクを骸骨やぬいぐるみ、ハーリキンチェック柄の壁紙で飾っている。
職場にティーセットを持ち込み、同じブースの青葉、ひふみ、はじめと、おやつの時間によく一緒にお茶を飲んでいる。
はじめと共に、青葉からは良い意味で年上の感じがしないという印象を持たれている。

モンスターや動物を描くのは好きで、上司のりんからも熱意も評価されている一方、漠然とした動機で入社しその後も明確な目標を持てずにいることを内心では負い目に感じており、目標に向かって邁進するモチベーションを持った青葉やはじめのことを時には冷めた目で見つつ、まぶしくも思っている。
青葉ほどではないが、運動が得意ではない。



篠田 はじめ(しのだ はじめ)- 戸田めぐみ

■青葉の1年先輩の同僚
青葉から見て通路を挟んで右隣の席におり、ゆんと同期。
ボーイッシュな外見と服装をしている。
青葉たちのブースの中では唯一のモーション班で、モーション班に空席がなく、壁を隔てた隣にあるキャラ班のブースに席を置いている。
与えられたキャラクターに動きをつける仕事は気に入っており、企画の仕事にも強い興味を持っているが、新規にデザインを描き起こすことは苦手。

仕事の資料を兼ねた趣味として、自身のデスクに多数のフィギュアと模造剣を飾っており、給料を注ぎ込んでいる。
青葉が初めての後輩で、彼女に良いところを見せようとして失敗するおっちょこちょいな一面もある。
学生の頃は隠れオタクで、髪を伸ばして女子高校生らしいファッションをしていたという過去がある。



八神 コウ(やがみ コウ)- 日笠陽子

■青葉の上司
りんとは同い年の同期。
青葉にとってゲーム会社への就職を志望するきっかけになった、憧れのキャラクターデザイナー。
物語開始時点ではキャラ班のリーダーを務めている。

自分という壁を越えて欲しいという期待も込めて、本来なら及第点の仕事に敢えてリテイクを出すなど、青葉に対しては厳しくも愛情を持って接している。
大雑把で忘れっぽいが、仕事に対する熱意は本物で、ひとりで数人分の作業をこなし、会社に連日泊まって作業をすることも厭わない。
普段はラフな格好を好み、職場で寝泊まりする際には、すっきりするという理由でスカートを脱ぎたがり、青葉の入社初日にもパンツが丸見えの格好で現れ彼女を困惑させた。
一方でメディアに露出する際には、別人のようにフェミニンな格好をさせられている。

絵は素晴らしいが完成されすぎていると指摘される場面もあり、上司の葉月からはもっと作風を広げることを期待されている。
青葉と同じ高卒でイーグルジャンプに入社し、入社翌月に『フェアリーズストーリー』のメインキャラデザを社内コンペで勝ち取ったという経歴を持つ。
当時は人間関係が苦手で態度も刺々しく、生意気な態度から先輩社員との軋轢が絶えなかった。
かつて要職を任された際には周囲に厳しく当たりすぎてしまい、当時入社したばかりの後輩を潰してしまって自己嫌悪に陥った過去がある。
青葉にとっての上司として、あるいは超えるべき壁としてのあり方に悩みつつも、良き先輩として振る舞おうと奮闘する。



遠山 りん(とおやま りん)- 茅野愛衣

■コウと同い年の同期
そのコウとは、ともに初任給をつかって旅行に出かけたり、休日に彼女の家に出向き夕食を作ったりするほど親密な仲。
コウと今の関係が続いていくことを望んでいることを上司の葉月から見抜かれてい、コウが男性社員と親密になってしまうような状況に耐えられそうにない性格のため、青葉たち女性ばかりのチームを割り当てられている。

温和な性格で、初めてのディレクター業に内心は苦労しつつも、グラフィックチームの個性的な面々をまとめ上げている。
うまく仕事が進まずに悩んでいた青葉や、上司としてのあり方に悩むコウの相談にも乗っている。
ただし、酒が入ると横暴な性格に変貌する。

ゲーム『PECO』の開発ではプロデューサーに抜擢され、グラフィックチームを抜ける。



葉月 しずく(はづき しずく)- 喜多村英梨

■『フェアリーズストーリー』シリーズの企画担当ディレクター
青葉とは素性を隠して採用面接直前に会っており、彼女の採用を決めた人物。
可愛い女の子が大好きで、麾下のメンバーを女性で固めており、りんに窘められることも。
ゲームを面白くするためには仕様の変更は仕方がないという考えを持っており、軽々しく仕様変更を繰り返してうみこを怒らせている。
ウェーブのかかったロングヘアで、眼鏡とストールを身に着けている。

原作では第2巻の『フェアリーズストーリー3』完成後の打ち上げパーティで初登場し、初対面を装って青葉と言葉を交わしている。
アニメ版では第1話から飼い猫のもずくと共に青葉を取り巻くレギュラーキャラクターのひとりとして登場し、入社間もない青葉を気遣う上司という役回りで描かれている。



阿波根 うみこ(あはごん うみこ)- 森永千才

■ミリタリーマニア
沖縄県出身で、日焼けした肌の持ち主。
姓で呼ばれることを嫌がっており、周囲には「うみこ」と名で呼ぶよう強要している。
ひふみの入社よりも後に他社からの転職で入社した立場だが、肝が据わっており、上司である葉月に対してもずけずけと意見を言う。
仕事に厳しく、バグに繋がる他人のミスや、手間を増やす仕様の変更に対しては辛辣な物言いをしてしまう反面、根は善良で、棘のある態度を自省する配慮も持ち合わせている。

サバイバルゲームや、FPSが趣味のミリタリーマニアで、趣味の話になると饒舌になり話が終わらなくなる。
自分のデスクには多くのモデルガンが飾ってあり、激昂すると相手に銃口を向けて撃ちたがる。



桜 ねね(さくら ねね)- 朝日奈丸佳

■青葉の幼馴染で
青葉とは小学校に進学する前からの幼馴染で、お互い「あおっち」「ねねっち」と呼び合う間柄。
物語開始時点ではきらら女子大学の大学生で、青葉とは進路が分かれた後も、電話での交友を続けている。
小柄で子供っぽく見られがちで、大学では中学生扱いされてからかわれている。
子供向けアニメを好む。
高校時代は青葉に付き合う形で美術部に在籍していたが、絵心には欠けている。

夏休みのアルバイトとして『フェアリーズストーリー3』のテストプレイヤーとして採用され、プロ意識の欠如を怒られながらも、うみこの下でデバッグの仕事を経験する。
その後デバッグが専門の会社に委託されることになったためにイーグルジャンプ社との接点を失うが、うみことは個人的な交流を続けており、助言を貰いながらゲームプログラマーを目指すようになる。
うみこから向上心を認められ、学業と平行しつつ下積みからのスタートという形ながら、再びイーグルジャンプの契約アルバイトとして働くことを認められる。



宗次郎(そうじろう)

■ひふみのペット
ひふみが家でペットとして飼っているハリネズミ。
臆病でいつも隠れているが、素手で触れるまでには人に慣らしている。
青葉からはひふみに似ているという印象を持たれているが、ひふみからは青葉が宗次郎に似ているという印象を持たれている。

各巻の単行本あとがきでは、作者の代理という設定で登場する。



もずく - 喜多村英梨

■葉月が飼っている太った猫
アニメ版では葉月と共にレギュラーキャラクターとして登場し、葉月が毎日職場に連れてきているという設定で、しばしば青葉をなごませている。
原作ではアニメ版の放送が始まって以降に掲載されたエピソードで登場し、葉月の計らいで、青葉やコウと気まずくなってしまった大和との仲裁役を担った。



PR


PR


女性のための出会い


『お名前.com』